今日は朝からお城へ森林浴に行ってきました。

近くのお城は山城なので、
てっぺんまで登ると結構な運動にもなります。

周りには、大きな公園や図書館があり、
お堀もぐるっとあるので、
朝の散歩は気持ちのいいものです。

ただ、朝の8時前にもなると通勤の人出が多くなり、
8時過ぎには自転車を急いでこぐ学生や
通勤の人のラッシュ時刻になっているようです。

まあ、それはどこでも同じかもしれませんが。

7時半くらいであれば、人出が少なく、
お城の周りの森林や公園での森林浴がゆっくりできると思います。

しかし、いつも思うのが、
お城の石垣って地震が来てもなぜ崩れないのかです。

見た目は大きな石を
うまく積み上げているだけのようにしかみえませんが、
内側に何か仕掛けがあるのでしょうか。

しかも、石垣の表面はかなり平らできれいなので、大昔でも表面を
うまくきれいに削っていたのだろうかなんて思ったりもします。
過去に何度か大地震も来てる地域なので、
それでも崩れなかったかな。

ただ、崩れても崩れなくても
地震の時にそこに居なければ関係のない話なんですがね。

森林浴しながらそんなめんどくさいことを考えたりもするので、
後で考えたらもっと別の気持ちの良いことを考える方が
いいのかもと思ったりもします。

そういえば、この前夕方にお城の周りを歩いていたら、
細長いへびを見ました。
気持ち悪い動きをしてゆっくり坂を上の方に登っていました。

こんな都会でも山城だから結構大きなへびがいるのかな。
しかしよく考えたら、
今度から気を付けて歩かないとかまれたら大変じゃないかな。
そう思ったりもします。

まあ1週間に1回くらいは、
朝のお城の森林浴もいいかなと思うこの頃です。