Windowsの初期設定すれば、治りそうですか?と聞くと、
担当Sさんいわく、
ハードデスクも、メモリーも異常無しですので、
Windowsを初期化すれば、ほぼほぼ治ります。

そう言われてからほぼ丸1日がたったわけで・・・。
翌日の夕刻、
待ちに待った担当Sさんからの電話がありました。
はたして、結果はいかに!?

担当Sさんいわく、
Windowsの初期設定をしました。
何回か試しに動かしてみましたが・・・、
正常に動いてますので取りに来てくださいとのこと。

ひょう~よかったぁ~、
なんとか新しいパソコン10万円以上使わなくて済みそうですわ。

ということですぐに車に乗り込み、
治ったというパソコンを取りに急いで車を走らせました。

無料診断窓口では、
パソコンをつけたままで担当Sさんが待っていました。
声をかけると、何度か試しても大丈夫で、
今も1時間以上つけてますが、
正常に動いていますので大丈夫ですよとのこと。

まあ、Windowsの初期化してるのでちょっとだけ複雑ですが、
診断と修理費1万5000円で済んで良かったです。

そしてなんと言ってもこの手痛い経験を、かならず、
人事が万事(じんじがばんじ)・・塞翁が馬(さいおうがうま)、
いや、
人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)にする、
そう決めてますさかい!

つまり、この手痛い経験をきっかけにして、
さらなるパワーアップをするという意味ですわ。

人生何が幸いするのわかりません、
その時、最悪な出来事が起こったとしても、
その出来事によって、
良いことを引き起こす要因になったりするわけで。

もし、今回パソコンのデータが突然消えて無くなっていれば、
実は自分的には危機的な大変なことになっていたんです。

パソコンのデータを全くバックアップしてなかったわけで。
高速で、気に入ったメーカーの、
かっこ良くて、使いやすいUSBメモリーと、
高いけど、容量の多い、外付けハードディスクを買おう買おうと
思ってすでに2年以上が過ぎていたのです。

どんだけ要望が多いのか!っちゅう話ですが、
性格上それもいた仕方ないわけで。

つまり、こういう手痛い出来事が無ければ、
結局USBメモリーも、外付けハードディスクも、
どちらも買う決断ができなかったわけで・・。
結論そういうことになると思います。

なので、人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)
のように、この機会に、
外付けハードディスクも買って、
いつでもパソコンが壊れても大丈夫な状態にしておこうと・・・、

パソコンの動きが遅く
フリーズし始めた時点でそう決めたわけで。
おそいっちゅうーに!
外付け1つ買うのにいったい何年かかってまんのほんま!

まあまあそういうわけで、聞きました、
無料診断窓口の担当Sさんに、
今回の件があったため、

システムイメージを作成してバックアップしたり、
システム修復ディスクを作成したり、
復元ポイントを保存したりするため、
外付けハードディスクを探してて、

なんかいいのないですかあ?って。

早速、外付けハードディスクのコーナーに行き、
おそらく、外見上、プライベートでも
パソコンに精通していると見られる担当Sさんに、
外付けハードディスクは何を使ってますかと聞いてみました。

おそらく自分的には良いと思っている
アイ・○ー・デー○の外付けだろうと予想してたのですが、
外見上、プライベートでもパソコンに
相当精通していると見られる担当Sさんから、
返ってきたその驚きの答えとは!?

次回に続く!